• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5・17 「FREE JAPAN!」を叫ぶ副都心縦断デモ

「名も無き市民の会」では、下記のデモを企画・準備しております。

【5月13日 追記】
警察への申請が完了致しました。
日程はこれで確定となります。

【日時】 5月17日(土)

     第1部: 10:40~12:00
     第2部: 12:40~14:00
     第3部: 15:40~17:00


【場所】 池袋、新宿、渋谷

     第1部: 池袋 (東池袋中央公園 集合、東池袋中央公園 解散)

     ルート:東池袋中央公園~首都高5号線下~六ツ又交差点左~明治通~
          東池袋1丁目交差点左~東口五差路交差点左~グリーン大通~
          公園前交差点左~東池袋中央公園

     第2部: 新宿 (新宿公園 集合、新宿中央公園、解散)

     ルート:新宿公園~御苑大通~甲州街道~西新宿交差点右~新宿中央公園

     第3部: 渋谷 (宮下公園 集合、宮下公園、解散)

     ルート:宮下公園~神宮前6丁目交差点左~東電電力館前交差点右~
          消防署前交差点左~区役所前交差点左~神南1丁目交差点右~
          渋谷駅前交差点左~宮益坂下交差点左~宮下公園


【内容】 長野の惨状を訴え、「FREE JAPAN!」を叫ぶ


     4月26日の長野聖火リレーにおいて、傍若無人の限りを尽くす
     中国人に対し、日本の警察が何も出来ないと言う現実が露にされました。
     さらに、ゴールの若里公園では堂々と公園に入り聖火近くに布陣する
     中国人を尻目に、日本人はけもの道の様なところを通らされて
     聖火を遠巻きに眺めているしかないところに隔離されていたと言います。
     マスコミも、中国人の非道については積極的に報道しようとはしません。

     これが、主権を持った独立国家の有様と言えるでしょうか?
     もはや、「FREE TIBET!」どころではなく、「FREE JAPAN!」と
     叫ばなければならないところまできています。

     日本の三大副都心で「FREE JAPAN!」を叫び、大衆に
     長野での惨状を、そして今の日本の現状を訴えましょう!

【5月13日 追記】

 早稲田大学の件も今回のテーマ内といたします。
 警察は上からの指示に従わなければならなかったとはいえ、
 護送車で壁を作ってまで抗議を見えなくした件、
 機動隊まで動員して抗議者を阻止しようとした件などは
 広く一般に知られるべきと考えます。

【5月8日 追記】

 パンダレンタルの件を、今回のデモのテーマ内と致します。
 生活が困窮して自殺していく人さえいる中で、動物2匹のために
 年間で計2億円ずつ払っていくなど、ふざけているとしか思えません。
 それに、パンダはそもそもチベットの動物であり、中国側が我が物顔で
 レンタル料を取っていい動物ではありません。



【注意事項】

 ・主催者/警察からの注意事項・指示は遵守すること。
 ・デモ行進中は蛇行・逆行・停滞など交通に支障の出る行動をとらないこと。
 ・暴力行為の禁止。
 ・通行人との係争禁止。野次は無視のこと。
 ・通行人から脅迫や暴力を受けた場合、必ず警察に通報のこと。挑発に乗るべからず。
 ・テーマから外れる内容のプラカードやのぼり、発言等の禁止
  (今回は長野・パンダ・早稲田の件を集中的に扱います。
   主張が拡散するのを防ぐための措置としてどうか御理解下さい。
   なお、参加・支援団体の旗は例外とします)。
 ・極端な誹謗中傷、威圧的な文言のプラカード等は禁止。発言も同様。
 ・特攻服やコスプレなど現場の状況にそぐわず、街宣右翼などと
  混同されかねない服装での参加は禁止。
 ・当日は撮影が入る可能性があるので、顔を写されると困る方は
  サングラスなど御持参頂きたい。
 ・交通量の多い場所ばかりであるため、くれぐれも列を乱すなどしないこと。
 ・国際儀礼上許されない内容のプラカード、言動などの禁止
  (他国の国旗を燃やすなど)。

【5月13日 追記】

 ・国旗についてですが、日章旗の持ち込みは大歓迎。チベット、東トルキスタン、
  内モンゴル、台湾の国旗についてはOKと致します。
  これは、「FREE JAPAN」を唱えることが、これらの国々の、ひいては
  アジアや世界の平和・安定に繋がると考える故です。

 ・1部30分~40分程度の行程で、間に時間はある程度とっておりますが、
  全部参加すると相当に体力を使うものと予想されます。
  体力・健康状態に自信の無い方は、御自分の状態を考慮された上で
  無理の無い範囲での御参加をお願い申し上げます。


【連絡先】 宗安(ムネヤス) 090-9275-0369


なお、今回は警察サイドに事前の人数の把握を求められています。
概算でいいのですが、出来るだけ実際に近い数字を出したいため、
参加したい・参加しようと思われている方は、12日朝まで
nanashikai@gmail.comまでどの部に参加されるかを明記の上で、
御連絡下さいます様お願い致します(もちろん、当日参加も歓迎致します)。



また、今回のデモについては当会としても初の試みであり、
このデモの成否が当会の今後の活動を決定すると言っても過言ではありません。
もし、当会の活動を支持して下さるならば、当日のデモへの参加はもちろんですが、
スタッフやアピール役と言った労力の面、プラカード作成資材や許可申請に要する
交通費など費用の面についての御支援を頂きたく、お願い申し上げます。

労力の御協力については、nanashikai@gmail.comへの御連絡にて、
費用の御支援については、当会口座(りそな銀行 石神井支店
普通 3818680 ナモナキシミンノカイ)への御送金にて、
それぞれ受け付けております。

【五月】Free Tibet in Waseda【八日】、参加レポート

6日の集会で早稲田の学生有志による抗議行動があると聞き、
8日、早稲田大学まで胡錦濤への抗議に出向いてきました。

拡声器は御遠慮下さいと言うことでしたので、
今日はショルダーメガホンはお留守番。


13時頃高田馬場駅発のバスに乗って早稲田大の正門まで行ったら、
既に馬場下町と大隈講堂前が大混雑でした。



13時20分頃、警察官による一方的な整理が始まり
押しやられるチベット支持者。



13時30分頃、馬場下町交差点で警官隊に阻止される抗議者達。



同じく、馬場下町交差点で警官隊に阻止される抗議者達。


ここで一旦セブンイレブンを探してネットプリントでチベット国旗を印刷。
丸めて手提げ袋に入れて入ろうとしましたが、一部が外に出ていたのを
目ざとく見つけた機動隊に止められました。それも5人がかりでorz

やむを得ずその場を離脱して、チベット国旗をもっとしっかり隠して
迂回して大隈講堂前へ移動。




14時30分頃、チベット支持者が持ってきた国旗がはためく。



「通行人が怪我をするから旗を降ろしなさい」と言う、意味不明な指示を
チベット支持者にする警察官。皆、「ハァ!?」と耳を疑っていた。
当然、怪我人が出るような危険な状況でなかったのは言うまでも無い。
つか、旗を掲げるだけでどうやって怪我人が出るのか、教えてほしい。



このアングルからだとわかりにくいのだけど、iPodに録音したチベット国歌で
胡錦濤をお出迎えしようとした人も。


Free Tibetを叫びながらチベット国旗を掲げていましたが、
15時10分頃、チベット支持者達の前にとんでもない光景が繰り広げられました。




護送車の長城。


「ここまでやるか!」と、唖然としました。
徹底して、抗議の様子は見せたくないようです。
それにしても、ここまでやりますか……。
どれだけ中国に媚びたら、気が済むのでしょう。

「チベットを救え!」と言う民意が踏みにじられた瞬間。
そう言っても、過言ではありません。


17時15分頃に、やはり同じように護送車による壁が展開されました。

そして17時30分頃、警察による解散指示。
しかし、うるさくて授業の邪魔になると言うことでしたが、
抗議に来ている人よりも警察の拡声器がうるさかったのは笑うしかありません。

その後、長野からいらした方と縁あって少しお話ししました。
その方によると、長野の惨状はインターネットの情報どおりで間違いなく、
また、この早稲田の警備は長野より酷いとのことです。


9日、10日の活動は出られないため、私にとって胡錦濤来日に際しての
抗議は、これで最後となります。

ですが、中国への抗議はこれで終わるものではありません。
「名も無き市民の会」では、17日のデモをはじめ、
これからも中国の横暴を阻止するための行動を展開していきます。

胡錦濤来日抗議デモ、参加レポート

デモのダブルヘッダー、後半戦です。


日本青年館に着いて、物販を見て回った後に集会に参加。
チベットの方々の苦難を思うと涙が溢れそうになってきていけません。
物販で泣きそうになりトイレで顔を洗い、集会では暗いのに紛れて
袖で溢れ出る涙を拭ったりしておりました。

集会は、ほとんど終盤からの参加でしたが、
特に印象的だったのは司会のモーリーさんが絶句して目頭を押さえるシーンと、
「フリー、チベット!」から「フリー、ジャパン!」まで続いた後の
「フリー、アナタトワタシー!」のシュプレヒコールでした。


そしてデモへ。
声かけ役が尽きたとのことで、私がいる挺団が出発する際には
「自主的に声上げて下さい」とスタッフの方が言って回ってました。
……となると、持ってくるかさえ迷っていたショルダーメガホンの出番です。
こっちのデモでも、シュプレヒコールの音頭をとることになってしまいました。

しかし、シュプレヒコールの紙があるわけでもなかったので、
少ない語彙で苦心しながらテーマに合っているだろうコールばかりを
あげることになりました。
そうして外苑前辺りまで来て、さすがに喉がきつくなって一息入れていると
シュプレヒコールの音頭を代わって下さる方がいらっしゃったので、
表参道の交差点までその方にお任せしました。

表参道から到着地点の代々木公園まで、多少の語彙を仕入れたこともあり
再び私がシュプレヒコールの音頭です。
デモも終盤に差し掛かって参加者の方々に疲れが見えていただけに、
盛り上げる意味でも必死に気合を込めて声を張り上げました。
その甲斐あってか、デモ終了後に「あなたのコール、よかったよ」と
他の参加者の方にお褒めの言葉を頂いたり、8日の早稲田大での
抗議の際に「拡声器持ってた方ですよね?」と声をかけて頂いたりしました。

なお、デモ参加者は、主催者発表によると4000人とのことです。
それだけの方が、チベットで苦境に遭われている方々を救うために
必死に声を上げられたと考えると、もう胸が詰まって言葉もありません。
これが、人の心の美しさ、ではないでしょうか。


代々木公園での集会終了後は、知人と食事。
そして知人と別れて、チベットの方々を追悼するキャンドルライティングに
参加するために代々木公園へ。

風が強くもキャンドルが灯る中、チベット語のお経を聞きながら、
中国政府の犠牲になったチベットの方々に祈りを捧げました。

5・10 ペマ・ギャルポ氏講演会 「今、チベットで何が起きているのか?」

ダライ・ラマ法王に従いチベットから亡命し、
ダライ・ラマ法王 アジア・太平洋地区担当初代代表を務められました
ペマ・ギャルポ氏による講演会が行われます。

チベットのリアルな状況を知る機会です。
チベット問題に関心をお持ちの方は、どうぞ奮って御参加下さい。

【日時】 5月10日(土) 午後7時

【会場】 なかのZEROホール 西館 学習室2
      中野市中野2-9-7 JR・地下鉄「中野駅」南口から徒歩8分

【参加費】 500円

【講師】 ダライ・ラマ法王 アジア・太平洋地区担当初代代表
      ペマ・ギャルポ氏


1950年、独立国家であったチベットに中国軍が侵攻し、
以来、チベットは中国の過酷な植民地支配を受けています。
これまでに120万人以上が殺害されたといわれており、
今もチベット旗を掲揚したり、ダライ・ラマの肖像画を保持しているだけで
拘禁・拷問され、宗教・言語の漢化、女性は不妊手術を強制されるなど、
信じがたい弾圧が行われています。

3月にラサに始まりチベット全土に広がった抗議行動を
中国は力で抑え込んでいますが、現在も死者が出ているといわれており、
各国首脳が北京五輪の開会式への欠席を表明し、
米下院や欧州議会が非難決議を採択し、世界各地で聖火リレーへの
抗議行動が起きています。

今、チベットで本当は何が起きているのか、テレビでもお馴染みの
ペマ・ギャルポ氏が中野区の皆さんに語ります。

【お申し込み先】 東京都議会議員 吉田康一郎事務所
TEL:03-5345-5443 FAX:03-5345-5444
mail:voice@k-yoshida.jp

胡錦濤訪日に抗議する緊急国民大行進

5月6日はデモのダブルヘッダーでした。


まず、銀座での草莽全国地方議員の会、チベットの自由と独立を支持する会、
誇りある日本をつくる会によるデモ行進に参加しました。

デモ日和(!?)の晴天の下、水谷橋公園に行くと見知った顔がチラホラ。
たくさんの日章旗やチベット旗の他に、主張を書いた傘や
揃いのTシャツなどもあり、主催団体の力の差を感じつつも
デモ主催者としていろいろと勉強になりました。


地方議員の方が挨拶されていらっしゃいましたが、
その中には昨日のデモにもいらっしゃった吉田康一郎先生の姿もありました。
精力的な活動には、頭の下がる思いです。

集会が終わる頃には公園に人が入りきれなくなる程。
あとで主催側が発表したところによると、480人とのことでした。

そしてデモ出発。私がいたのは、多分隊列の前半から中盤にかけてくらい。
ちょうど、先頭のアピールが聞こえるか聞こえなくなるかくらいです。
そのため、途中で先頭のアピールお構いなしにFREE TIBETを訴えてみたり、
隊列が分断されてからは主催側にお願いされて、分断された後ろ側の
先頭に回ってシュプレヒコールの音頭をとってました。

他人様のデモでテーマに外れた主張をしてしまわないか気にしている身としては、
シュプレヒコールを書いた紙があったのが、非常に助かります。

終盤近くの内幸町辺りから、喉に限界が来て困っていたところに
知った方がいらっしゃったので音頭をとる役をお願いしました。


そしてデモ隊が解散地点の日比谷公園に到着。

ここで、いろいろ思い思いに告知されていらっしゃる方がいましたので、
僭越ながら私も17日のデモの告知をさせて頂きました。
「FREE JAPAN」というテーマには苦笑される方が多かったようですが。

あと、吉田康一郎都議御本人に直接御挨拶。
4月6日のデモの際に秘書の方を遣わして下さって以来、
お礼を申し上げねばと思っていたところなので、やっと宿願を果たせたといったところです。

御本人は大変腰の低い方で、しかしその中に日本を何とかしようと言う
志を持っていらっしゃると、お話をさせて頂いた中で強く感じました。

その他、見知った方や初見の方との御挨拶などを済ませた後、
TSNJとセーフ・チベット・ネットワーク主催の集会・デモに参加するため
日比谷を後にし、外苑前に向かいました。

5・8 胡錦濤をチベット旗でお出迎え@早稲田大学

昨日の抗議デモの中で、早稲田大の学生さんが
講演に来る胡錦濤をチベット旗でお出迎えしようと計画しているそうです。

チラシなどがあったわけではなく、デモの場での告知を聞くしかしてないので
要綱としては曖昧な感がありますが、どうぞ御了承下さい。

【日時】 5月8日 13時
【場所】 早稲田大学 大隈講堂前

【注意事項】
 通常授業が行われておりますので、拡声器などの使用はご遠慮下さい

「侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!」デモ行進、参加レポート

5月5日、14時10分頃に宮下公園に到着。
想像以上の人に少なさに驚いてたら、いつも使っているところではなくて
フットサルのコートを挟んだ向こうにほとんどの方が集まっていらっしゃいましたorz

人数は、目算でざっと200人。
台湾関係の方々とも連合しているためか、私が経験した<行動する運動>の中では
一番多い人数であったような気がします。

台湾の方々の他、都議会議員の吉田康一郎議員、古賀俊昭議員も
いらっしゃって、吉田議員は出発前に、古賀議員は帰着後に挨拶をされていました。


デモ自体は、中国人が紛れ込んだようですが、
特にトラブルもなく盛況のうちに終了いたしました。

私は、ショルダーメガホン持ちと言うことでメガホン持ちがいないところに入り、
シュプレヒコールの音頭をとってたりしました。


デモ終了後は、様々な方に挨拶を済ませた後、近くのルノアールへ。
4時間近く話し込みましたが、「保守派による反貧困運動」は、
興味深いテーマでありました。

5・6~9 胡錦濤 来日抗議

胡錦濤来日に関する抗議行動が、下記日程で行われるようです。
以下、主権回復を目指す会掲示板より転載です。

胡錦濤 来日抗議へ!日本国民は結集せよ

天皇、皇后両陛下をホテルに呼びつける胡錦濤の無礼を許すな!

<我ら臣民は両陛下に諫言を申し上げる!
     シナ人留学生の「歓迎」を受ければ、「長野暴乱」を日本が認める行為となる>


 驚愕に値する日程が5月9日(金)である。午前10時に天皇、皇后両陛下が胡錦濤の宿泊先のホテルへ向かう「ご訪問」である。これに先立ち、胡錦濤はホテルでシナ人留学生らと朝食を共にするのだが、両陛下がシナ人らに五星紅旗と日の丸で“歓迎”されれば、それは「4・26長野暴乱」を日本が受け入れる無惨極まる行為となってしまう。諫言は臣民に与えられた義務であり、使命である。日本国民は沈黙してはならない。


【抗議日程】
5月6日火曜日
18:00 日生劇場前、日比谷花壇前(地下鉄有楽町・日比谷)

5月7日水曜日
12:00 赤坂見附交差点(地下鉄・赤坂見附)
14:00 早稲田大学正門前(講演の中止要請)
18:00 経済同友会前(東京駅丸の内北口)から馬場先門へ

5月8日木曜日
14:00 JR高田馬場駅集合、早稲田大学へ

5月9日金曜日
8:30 赤坂見附交差点前(地下鉄・赤坂見附)

※雨天決行、プラカードのご持参に協力を

呼び掛け:主権回復を目指す会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
     NPO外国人犯罪追放運動、在日特権を許さない市民の会
     人権擁護法案を阻止する市民の会
     外国人参政権に反対する市民の会・東京

 連絡:西村(090-2756-8794)有門(090-4439-6570)

5・6 胡錦濤訪日に抗議する緊急国民大行進

5月6日、銀座にて草莽全国地方議員の会、チベットの自由と独立を支持する会、
誇りある日本をつくる会によるデモ行進が行われるとのことです。

以下、主権回復を目指す会様の掲示板より転載です。

★中国政府によるオリンピックの政治利用に抗議する!
★チベット人の虐殺・人権弾圧を許すな!
★中国政府は毒餃子事件をうやむやにするな!
  日  時 : 5月6日(火)
  集合場所 : 水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)
  最寄り駅 : 地下鉄銀座線「京橋」2番出口
         地下鉄有楽町線「銀座1丁目」7番出口
  集合時間 : 午前10時30分
  行進出発 : 午前11時
  行進コース: 水谷橋公園ーさくら通りー外堀通りー数寄屋橋ー日航ホテルー日比谷公
         園
   チベット国旗のTシャツを持っている方はぜひ着用下さい!
                 主催:草莽全国地方議員の会
                    チベットの自由と独立を支持する会
                    誇りある日本をつくる会
                 連絡先:℡ 03-5766-2011
                     fax 03-3311-7810
                  メール info@matsuura-yosiko.com

【5・5日台共闘】「侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!」デモ行進

5月5日、「生命線・台湾防衛」デモ実行委員会による集会・デモ行進が
渋谷で行われるとのことです。
委員会は、台湾研究フォーラム、維新政党・新風東京都本部、
維新政党・新風埼玉県本部、メー ルマガジン「台湾の声」、在日台湾同郷会、
台湾出身戦歿者慰霊の会、日台交流会によって構成されているとのこと。

以下、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』様より転載です。

【5・5日台共闘】「侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!」デモ行進

今日のチベットは明日の台湾、そして日本だ!


 半世紀に及ぶ「チベットの悲劇」を生んだのが中華膨張侵略主義。
 そしてそれを隠蔽するために行なわれるのが「平和の祭典」と銘打った北京五輪だ。
 しかし、それ が「平和の祭典」ではなく「中華ナショナリズムの祭典」であることは、先ごろの長野聖火リレー現場における在日中国人集団を操縦しての対日威嚇行動によって完全なまでに露呈した。

 かつてのナチス・ドイツによるベルリン五輪と同様、国威発揚の場としての北京五輪を成功させた中華膨張主義の次なる目標は台湾、そして日本である。
 二十年連続の二桁成長を続ける軍事費は、台湾を併呑して日本を制し、東アジアと西太平洋に覇権を確立するための軍備拡張に注ぎ込まれている現実を見よ。

 そして、この侵略主義国家の元首である胡錦濤が五月六日、日本を訪問しようとしている。
 それを歓迎するのが属国心理の日本政府。すでに日本は中国の影響に陥りつつあるのだ。

 長野事件で多くの日本人が中国への怒りを高ぶらせている。そこで我々はそれを代表する形で、下記の要領で都内・渋谷の繁華街においてデモ行進を行ない、チベッ ト人を殺戮し、世界を欺く胡錦濤の入国絶対拒否の声を上げ、日台国家防衛の決意を中国そして世界に向けて表明する。

 当日は奮って参加を! 勇気ある日本人と台湾人は立ち上がれ!


                 記

■日時:5月5日(祝)14時10分 出陣式(14時45分 デモ行進出発)

■集合:宮下公園(東京都渋谷区神宮前6丁目)
     (交通)JR渋谷駅から新宿方向に北へ歩いて3分
     明治通り山手線に挟まれた細長い公園


■コース:宮下公園→神宮前六丁目左→東電電力館前右→渋谷消防署角左→神南一丁目右→渋谷駅前左→宮須坂益坂左→宮下公園(所要時間:約40分)

※プラカード、横断幕、拡声器等の持参歓迎!

■主催:「生命線・台湾防衛」デモ実行委員会(以下は加盟順 4/30現在)
     
台湾研究フォーラム、維新政党・新風東京都本部、維新政党・新風埼玉県本部、メー ルマガジン「台湾の声」、在日台湾同郷会、台湾出身戦歿者慰霊の会、日台交流会

■問合せ:090-4138-6397(永山英樹)

プロフィール

名も無き市民の会

Author:名も無き市民の会

保守系市民団体・政策研究会。

一市民・一国民の視点から、政治上の問題を研究しつつ、重要・緊急な問題に関しては直接的かつ現実的な政治活動も行っております。

会員数:28名
(協賛会員含む)

協賛会員、募集中!

Mail:nanashikai@gmail.com

カテゴリー
最近の記事
カンパの御振込先
【名も無き市民の会宛】

りそな銀行石神井支店
普通 3818680
ナモナキシミンノカイ

当「名も無き市民の会」の専用口座です。より精力的かつ多彩な活動を行うためにも、御協力頂ければ幸いです。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング


FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。